【脱・負けトレーダー!】FXのルールを守れないトレーダーが安定して勝ち続けるトレーダーになる方法

TAKAです。

今回は僕が実践しているFXの裁量型EAについて、

ご紹介いたします。

ここでは『FXのルールを守れないトレーダーが安定して勝ち続けるトレーダーになる方法』を書いていますので最後までお読み頂ければ幸いです。

その前に、なぜFXで勝つことが難しいのかをご説明いたします。

FXで勝てない理由

  • 自分の手法を持っていない
  • 資金管理ができていない
  • メンタルコントロールができていない
  • 長期的な思考がない
  • ルールを守れない

自分の手法を持っていない

あなたは自分の手法を持っていますか?

その手法はどのくらいの勝率で、またしっかりとした根拠のある検証結果をお持ちですか?

相場には必ず優位性が存在します。

つまり上がりやすいか下がりやすいか、どちらかに行く確率が高い瞬間があります。

この瞬間を待ってプロトレーダー達はトレードを実行して行きます。

初心者にありがちなポジポジ病なんて論外です。

手法やトレード戦略をなくして、稼いでいるトレーダーなんていません。

たまにビギナーズラックで稼げても、いつかは退場する羽目になります。

 

初心者の頃は、稼げる手法など確立しておらず、負けては試行錯誤しながら、

自分なりのトレードルールを作って行かなくてはなりません。

これには相当の時間とお金が必要なことは言うまでもありません。

少し負けただけでトレード手法を変えてしまう。

検証するのが面倒くさい。

これでは、いつまで経っても、自分なりのFXの手法が確立できないのです。

資金管理ができていない

勝てない原因の一つとして、資金管理もとても重要です。

なぜなら、徹底した資金管理を行わないと想定外の損失を負ってしまう可能性があるためです。

また、資金管理によって有利なポジションに変更することも可能です。

これについては後程ご説明いたします。

 

では、なぜ資金管理ができないのか?

そもそも資金管理の仕方がわからないというもありますが、

一番の大きな原因は早く稼ぎたいという気持ちが先走っているからです。

 

相場に焦りは禁物です。

 

早く稼ぎたいという状態では、利益だけを追求してしまうため、損失の管理に目が行き届かず、リスクが非常に高くなります

FXで利益を上げ続けるにはコツコツと取引を行うことが大切なので、焦る気持ちを抑えて気持ちの余裕を持って臨むことが大切です。

 

FXの魅力の1つとして、少ない資金でハイレバレッジによる取引ができることではありますが、

これはルールを確立した熟練トレーダーがやることで、勝ててないトレーダーがやることではありません。

 

先程も述べました、資金管理を使って有利なポジションに持って行くとはどういうことか?

勘のいい方はおわかりだと思いますが、「ナンピン」を使います。

しかも無限ナンピンではなく計画ナンピンです。

 

例えばこのように上昇トレンドだったとします。

Aのポイントでエントリーして、たまたま反転してくれればラッキーですが、
ピンポイントで入るのは熟練トレーダーでも難しいです。

 

エントリーした後に逆行して、しかもフルレバで入っていたら、含み損に耐えるストレスも半端ではないです。

その後、含み損に耐え切れなくなって、本来のロスカットポイントに来る前にロスカットしたとします。

そうすると早く取り返したいという負の感情が起こりやすくなります。

その後は目に見えています。ルール違反のトレードをして負のスパイラルとなります。

こうならないためにも、予め計画的にポジションを分割してエントリーすることによって、

勝ちに持って行きやすくなります。

ピンポイントで入った場合と分割で入った場合を比較してみます。

 

このように平均取得単価が全然変わって来ますので、仮に逆行したとしても損失を抑えることができます。

ピンポイントで入るのではなく相場の波で利益を出して行きます。

 

メンタルコントロールができない

メンタルをコントロールするのは最も難しいです。

これが勝ちトレーダーと負けトレーダーを分けているといっても過言ではないです。

 

よく言われるのが、淡々とトレードすればいいと簡単に言いますが、果たしてそんなに簡単にできるでしょうか?

答えは『NO』ですね。

 

これがゲームだとしたらさぞかし簡単でしょう。

でもお金が絡むと欲と恐怖でとたんに無理ゲーになってきます。

 

トレードとメンタルはとても密接な関係にあります。

メンタルが弱いとトレードに大きな影響が出やすいです。

 

こんな経験はないでしょうか?

・エントリーした瞬間に逆行して、焦って損切りしてしまった。

・負けを取り返そうと無茶なトレードをしてしまった。

 

メンタルコントロールができていないと、このようにトレードに悪影響を及ぼしてきます。

どんなに精度の高いロジックがあったとしても、メンタルコントロールができていないとFXで勝ち続けることができません。

 

しかしながら、メンタルコントロールは本当に改善が難しいです。

誰でも損失が出れば嫌な気分になりますし、感情が動くのは億トレーダーも同じです。

これは人間の本能なので、コントロールする方が難しいです。

 

でも、諦めることはありません。

メンタルをコントロールできないなら、メンタルに影響が出にくくすればいいんです。

 

メンタルに影響が出にくくする方法とは

 

  1. 1日のトレード回数を限定する
  2. エントリー前の事前準備をしっかりする
  3. エントリーしたら見ない

 

1日のトレード回数を限定する。

トレードには決断力が必要です。

人間が1日できる決断力は決まっているので、トレードする度にこの決断力が消耗してきます。

消耗するとトレードの精度が低くなってくるので、

1日にするトレード回数を1回~2回など限定することが大切です。

 

エントリー前の事前準備をしっかりする。

エントリー前には環境認識をしてトレードの戦略を立てます。

相場は大きな時間で動いていくため、

例えばデイトレードなら週足、日足、4時間足がどっちにトレンドが出ているかを確認して、

どこまで来たらエントリーできるか考えます。

この時、順行した場合と逆行した場合の2パターンを事前に準備しておくことで、

トレードがうまく行かないときでも焦らず対応できます。

 

エントリーしたら見ない。

ロスカットと利確ポイントが決まっているなら、エントリーしたら見ないことでルール通りのトレードができます。
これは経験が必要になって来ますが、EAを使うことで初心者でもできるようになります。

長期的な思考がない

FXは目の前の勝ち負けに拘りすぎるといい結果が付いてきません。

負けているトレーダーは実はこれに気が付いていません。

勝てるトレーダーは自分のルールを検証して、それをやり続ければ残るというデータの基、長期的思考でトレードを実行しています。

どんなに優れたトレーダーでも連敗することもあれば連勝することもあります。

 

その時に気持ちが右往左往されるのではなく、

月単位、数か月単位など長期的な目線でプラスになっているかどうかを意識する必要があります。

 

初心者の方は少し負けが続くと次の手法を探し続けます。

これはただ単にノウハウコレクターになるだけで何の解決にもなりません。

 

人間はどうしても目先の利益ばかりに気を取られてしまいがちですが、

FXは1回限りで全てが決まるわけではありません。

 

目先の利益で一喜一憂してしまったらFXで勝ち続けることは難しいです。

投資の基本は長期的な思考であって、短期的な成績のブレに一喜一憂してはいけません。

 

これは仕事でも人生でも同じことです。

長期的な目標を持ち、それに対してコツコツとアプローチしていくことが大切です。

 

ルールを守れない

しっかりと検証に時間を掛けどんなに精度の高いルールであっても、

それを使う本人がルールを守れなければ勝てるわけがありません。

 

何億も稼ぐトレーダーでもルール違反をして大損失を出すことが多々あります。

 

あなたもルールを守れなくてお悩みではありませんか?

 

結論から言うとルールを守れないのは人間なので仕方ないことです。

失敗して当然です。

これはメンタルコントロールと似ていますが、ルールを守れないことを悲観することはありません。

 

先程、人間には1日に決断できる量が決まっていると述べました。

最初はルール通りにやっていたけど、いつの間にかルール違反してしまったことはよくある話です。

 

FXはやればやるほど欲に毒され負けるようになっているので、

ルール違反する前にトレードを終了する必要があります。

ルールを守れないのは人間です。

ルールを守れないのであれば、守りやすい環境を作ればいいのです。

どういうことかと言うと、この記事の本題であるEAを武器として使えばいいのです。

 

ここでやっと本題に入ります。

 

海外の大物トレーダーの話

海外には桁違いの大物モンスタートレーダーがいます。

それがこのパフォーマンスです。

出典(myfxbook

今は金額を出していないのでピンと来ないかもしれませんが、一時期口座残高を公開していた時は数百億を越えていましたので、

2口座合わせて恐らく1000億円近くあると思います。

 

彼にどうやったらそんなに凄いパフォーマンスが出せるかメールで聞いてみました。

答えはEAと裁量のミックスでやっていると返事が返ってきました。

要するに、エントリー判断は自分でして、利益確定とロスカットはEAに任せることで、

機械的なトレードを実現させているのです。

人間には難しい緻密な資金管理とトレードロジックを、EAを補助的に使いパフォーマンスを増大させています。

機械に任せているので、トレードに不要なメンタルもコントロールできてしまいます。

 

下のデータは私がやっているEAです。(今回ご紹介するEAではありません。)

こちらはよくあるマーチンゲールのEAなので、相場を読む力がなければいつか飛んでしまいます。

下のデータは飛んでしまったものです。

マーチンゲール系のEAは、完全放置で自動売買していると最終的に資金が飛びやすいです。

巷に出回っているのはこの類でしょう。

今回ご紹介する4つのEAの機能をご説明いたします。それぞれ特徴があるので、相場によって使い分けます。

メンタルコントロールと資金管理を可能にする4つのEA

  1. kenjitukun-N(裁量型ナンピン成り行きエントリー編)
  2. kenjitukun-S(裁量型ナンピン指値エントリー編)
  3. tuigekikun-N(裁量型ピラミッティング成り行きエントリー編)
  4. tuigekikun-S(裁量型ピラミッティング指値エントリー編)

 

1.kenjitukun-N(裁量型ナンピン成り行きエントリー編)

簡単な機能紹介を動画で作成いたしましたので、まずはこちらをご覧ください。

自分で決めた範囲の中で、上昇トレンドか下降トレンドかを判断し、ナンピンと利確を繰り返します。

このEAは完全に自動売買ではなく、メンタルコントロールと資金管理をサポートして裁量トレードを勝ちに持って行く最強のEAとなります。

 

次にkenjitukun-Nを使ったエントリー方法をご覧ください。イメージが掴めると思います。

 

kenjitukun-N のロジック解説

買いスイッチを入れて逆行した場合、マーチンゲールでナンピンして行きます。

ポジションがプラスになったところで自動的に利益確定してくれます。

無限ナンピンではないので、水色の部分でロスカットが作動します。

買いスイッチをオンにした状態で順行した場合、最初のロットで利益確定を繰り返します。

黄色のラインにタッチで自動的にトレードは終了します。

 

 

証拠金10万円に対してロット倍率は1.0にします。(レバレッジ500倍以上)

トレンドに勢いがあるときなど、自信のある時はロット倍率を上げることも可能です。

 

ナンピン、リカク倍率は常に同じ数値にします。

 

これはポンド円の1時間足チャートですが、丸の位置でエントリーした場合、安値まで100pips以上あります。

倍率を1.0にしてた場合、証拠金を圧迫します。これをナンピン、リカクを1.5に変更した場合150pipsまで耐えれますので、

問題なく利益確定になります。

 

このナンピン、リカクは例えば3.0にすると最大300pipsまでナンピン可能になりますが、

その分、証拠金が3倍程度必要になってきますので、勝率は高まりますが利益率は悪くなり、またリスクも高まります。

 

次にこちらをご覧ください。

ロスカットラインまでの距離に合わせて想定できる損失割合です。

6ポジションまでが資金に対して損失10%になりますので、この辺りが理想的なボーダーラインです。エントリーからロスカットまで50~60pipsです。

それ以上の損失を抱える場合は、万が一ロスカットになった場合に損失を埋めるのに難しくなります。

一般に出回っているマーチンゲール系のEAは、全損または利益のどちらかに設計されているのがほとんどです。

 

エントリーポイントのヒント

このEAを駆使するには、エントリーにある程度の精度が必要になってきます。どういうところでエントリーすればいいのか、そのヒントをご紹介いたします。

まず簡単に相場は上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3つで構成されています。

この3つはいろんな時間足で出来ますが、大きな時間足ほど精度が高くなります。

逆に小さい足ほどトレンドが変わりやすくなりますので、1時間、4時間、日足でのトレンドを確認するのがいいです。

 

こちらはポンド円の4時間足チャートです。こんな感じできれいにチャネルラインが引けます。

 

 

さて、どこで入ればいいでしょうか?

ここでエリオット波動がわかるジグザグインジケータを入れてみます。

インジケータはFXナビさんで無料ダンロードできます。

 

 

パラメータはこんな感じにセットします。

 

エリオット波動について簡単に触れときます。正直そんなに深く考えなくていいです。

上昇5波、修正3波と言われてますが、当てはまる時もあればそうでない時もある。

波の捉え方、大きさによっても様々です。

そろそろ上昇5波になるけどどうかなあぐらいに考えとけばいいです。

大事なのは高安更新したかどうかですので。

 

もう一度、波の高安とチャネル上限、下限を意識してチャートを見てみます。

こんな感じでエントリーポイントが見えてきます。

 

更に1時間足を確認してみます。丸は4時間足と同じ所。

1時間足ではもっと細かく高値切り下がり、安値切り上がりが確認できるので、エントリーポイントが増えそうです。(赤丸部分)

 

基本的な考えとして大切なのは、相場はどっちに向かっているのか、

どこを抜けたらトレンドが変わってしまうのか。

こう考えるとエントリーポイントとロスカットポイントが見えてきます。

 

さらっと言っていますが、めっちゃ重要なこと言ってますのでよく考えてみてください!

 

言い換えると、相場はどこを抜けない限りどっちに向かっているのか?

どこを抜けない限り=ロスカットポイントです。

ロスカットと方向さえ分かれば勝てます。

 

次にドル円の日足です。

現在のドル円は下降トレンドではありますが、レンジを作りやすい通貨なので、このようにブロックごとに移動して行くことが多いです。

 

ここに先ほどのポン円同様にインジケータを入れてみます。

 

どうでしょう。何となく見えてきますか?

ちょっとわかり辛いですね。

 

じゃあ次に4時間足。

めっちゃわかりやすい上昇トレンドですね。

 

さらに1時間足。こちらもめっちゃわかりやすい上昇トレンド。

 

この上昇トレンドがゴールとしている箇所はどこか?

僕はずっと前から106.55辺りで売り指値を入れていました。

詳細はこちら→ Tradingview

短期の上昇トレンドが崩れるか、または日足高値で売りを仕掛ける戦略でいましたので、

結局売り指値が刺さったわけですが、ここまでピンポイントで入らなくても全然OKです。

 

何故ならエントリーポイント付近でEAを発動させればナンピンでカバーできるからです。

kenjitukun-Nで下方向にスイッチを入れて置けば勝手に利確してくれます。

 

エントリーポイントとロスカットポイントのまとめ(ここは期間限定公開です。)

 

エントリーポイントとロスカットポイントをもう一度整理します。

難しいことはしてませんので、ここをしっかり理解すれば勝てます。

 

まずトレンドが出来ると、高値安値が更新するので、①と②の山ができます。

そのラインに合わせて、直近の高値③または安値③に合わせるとエントリーポイント④が見えてきます。

あとはその③がトレンドを崩す部分となって来るので、必然的にロスカットポイントになります。

ヒゲで狩られることもあるのでロスカットラインは③よりも少し離すのがいいです。

 

エントリーポイント④から50~60pipsにロスカットラインを置くことで、

万が一ロスカットになった場合でも10%の損失に抑えることができます。

(kenjitukunの場合は50~60pipsでロスカット)

10%程度の損失でしたら、3~4日で回収することが可能ですが、それ以上の損失を出すと回収するのが大変になってきます。

 

次に逆張りのエントリー方法をご紹介します。

これは順張り組が目標値とするポイントで、利確が出た後の反発ポイントを狙う方法です。

 

まずチャネルラインがきれいに機能している箇所を見つけます。

そこに日足や4時間足の直近高安または大きなトレンドラインが重なるところがあれば、

そこは反発しやすくなります。

どちらも勝率7割くらいありますので、このパターンを意識するといいです。

 

トレンドの押し戻しを狙う方法と目標値到達後の反転を狙う方法の2つご紹介いたしました。

但し、これらはチャートを監視出来る時間をある程度確保できればの話で、

家庭を持つと時間の制限が結構あります。

 

家事だったり家族サービスだったりと、トレードできる時間が限られてきます。

 

せっかくのエントリーチャンスなのに、

仕事、家事、育児で機会を逃してしまうことはよくあると思います。

 

後から見て『あ~ここ 入れたな~』とかっていっぱいありますよね。

 

そんな時に思いついたのが、kenjitukun-S です。

 

2.kenjitukun-S(裁量型ナンピン指値エントリー編)

これはkenjitukun-Nの指値バージョンで、エントリーポイントにあらかじめ指値で仕掛けて、ナンピンで利確してくれるEAです。

kenjitukun-S のロジック解説

基本的なロジックはkenjitukun-Nと同じで、エントリーは成り行きか指値かの違いです。

ただ、指値でエントリーした場合は、1ターンしかポジションを取りません。

どういうことかと言うと、指値からそのまま順行した場合は最低ロットのまま利確。これで終了です。2ターン目は入りません。

指値より逆行した場合は、ナンピンしてロスカットラインに掛かる前に反転すれば利確します。

 

kenjitukun-NとSは、反転する可能性の高い位置でエントリーすることで、非常に利益確定に繋がり易いです。

ただデメリットが1つあります。

 

それは、エントリー精度が高いと、負けはしないけど利益率が悪いという贅沢な悩みです。

ベースのロジックがナンピンマーチンゲールなので、ナンピンしてなんぼのEAです。

 

順行した場合は、最低ロットのまま利益確定とエントリーを繰り返します。

 

だったらロット倍率を上げたらいいんじゃないか?

と思われるかもしれませんが、万が一逆行した場合に資金管理が崩れてきます。

これでは一時的に利益が取れたとしても全くの無意味です。

 

そこで登場するのが増し玉タイプのtuibro-NとSです。

 

3.tuibro-N(裁量型増し玉成り行きエントリー編)

このEAは順行方向に増し玉して行くEAなので、トレンドを捉えることでリスクリワード比がよく爆発力があります。

tuibro-N のロジック解説

tuibro-Nは順行すると以下のように増し玉して行き、最大5回まで増し玉します。

5回目のポジションよりプラス10pipsで計算した場合5.20%の利益となります。

一時的に順行したけど逆行した場合のそれぞれの損失割合です。最大で6.80%の損失となります。

一応最悪のケースまで計算しましたが、30~50pips順行したらロスカットになる前に手仕舞していると思います。

最初のエントリーは小ロットなのでロスカットになった場合もタイトです。

相場がtuigekikun-Nを仕掛けた方向に動くと増し玉していき、ロスカットも移動していくロジックになっています。

4.tuibro-S(裁量型増し玉指値エントリー編)

tuibro-Sは増し玉の指値バージョンです。

指値で仕掛けて反応しやすい場所、つまり日足や4時間足の高値、安値に仕掛けると利益が出やすいです。

こちらもkenjitukun-Sと同様、1ターンしか入らないので、利益に繋がる場合もあれば、ロスカットで終わる場合もあります。

 

 

もう一度、それぞれのEAの特徴をおさらいします。

kenjitukun-NとSは値幅を限定して、その中の押し戻しをマーチンゲールでナンピンして利益確定に繋げます。

ですので、押し戻しが起こりやすいポイントを狙います。

tuibro-NとSはトレンド方向にピラミッティング(増し玉)して利益確定します。

トレンドが出やすいダブルやヘッドアンドショルダー(三尊)を狙うと利益を取りやすいです。

 

各EAのメリット、デメリット

kenjitukunとtuibroにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

kenjitukun-N

メリット:ナンピンマーチンゲールなので方向さえあっていればプラスに持って行きやすく勝率が高く安定性がある。

デメリット:勝率が高いだけに、それに期待してしまうとロスカットラインを手動でずらしてリスクを高めてしまう可能性がある。

kenjitukun-S

メリット:指値なので、日足や4時間で意識される高値安値に仕掛けることで見てないときでも取れる。

デメリット:1ターンしか入らないので、1ポジションで順行した場合は薄利で終わる。

tuibro-NとS

メリット:ロスカットラインを見極めることで爆益になる可能性がある。

デメリット:逆行した場合の損失が大きくなる可能性がある。

ざっと検証した結果月利400%行ったので、かなり期待できるEAだと思います。

検証動画はこちら。エントリー方法についてかなり勉強になると思います。

 

いかがでしたでしょうか?

全てのEAはマジックナンバーと呼ばれる番号を変更すれば同時に動かすことができます。

このように特徴の違うをEAを、場面ごとに使い分けることによって、

資金管理とメンタルに影響されないトレードを繰り返し、コツコツと利益を獲得して行きます。

大事なのはコツコツと取ることです。

 

世間では少ない資金を短期間で数百万、

または1000万円にしたなど誇大アピールが蔓延していますよね。

これは宣伝的にはもってこいなのでチャレンジ中ではありますが、

決してマネするものではありません。

一応言っておきますが、私のEAとサインインジを使えばできないことはないです。

ただ、そこに行きつくまでにはそれなりの技術と経験値が要ります。

 

運やその時の相場のトレンドにも左右されます。

継続性の保証もありません。

その時は勝てたとしても、数日後には資金を飛ばすこともざらにあります。

 

少ない資金を一気に増やす一獲千金的なトレードはいつか資金を飛ばすのが落ちです。

 

10万円を資金に月に2~5万円増えたとします。

これだけでも月利20~50%なのでとてつもなく凄いパフォーマンスです。

でも金額的に見ると物足りないですよね。

 

勝てない人はここにフォーカスしてしまいます。

そして資金に対してロットを張り過ぎてしまう。

10万を短期間で100万にしたい、1000万にしたいと。

今までに何人もこういう人を見て来ました。

 

そして最後には自滅します。その後は負のループを繰り返して沼にハマります。

これに気が付かないと何年も抜け出せません。

 

リータンを大きくしたいならロットを上げるよりも、分母(証拠金)を大きくする必要があります。

でも、これらの考えを理解しないうちに証拠金を上げて行くと、

含み損に対する免疫が出来ていないので、パフォーマンスを下げやすいです。

 

まずは少ない資金で成功体験を重ね、

トレードに対しての自信と経験値を作ります。

 

ここは焦らずグッと堪えてください。

その後に証拠金を少しづつ大きくして同じ比率でロットを上げて行くのが賢明です。

 

負けトレーダーから脱却して、月100万円を稼ぐまでのプロセス

step
1
まず10万円を資金に安定して月利何%以上勝てることを実感する。

ここは技術にもよるので、月利5%でも全然問題なし。

step
2
この経験値と自信を付けるのに数カ月を掛ける。

ここは焦らないで金額ではなく、ルール通りにやって月利どのくらい増えたかを考える。

step
3
種銭を育てる感覚を身に着ける。

自信が付けば、資金とロット倍率をちょっとづつ上げて行きます。

この時に大事なのは利益率、損失率の割合を意識することです。

資金とロット倍率が変わっても、今までと変わらない割合でやる必要があります。

もしここで躓くならロットを下げてまた繰り返します。

 

どうしてもロットを増やすと壁ができてしまう方はご連絡ください。

ユーザー限定でロットを増やすための裏ワザをお教えします。

 

先程の海外の大物トレーダーは、月に5%程度しか稼いでいません。

それはそうです。1000億円もあったら5%で50億円なので十分過ぎるリターンです。

月利5%なんて簡単ですよね。稼働日20日計算として1日0.25%で行けます。

ちょっと動いたところを摘まむだけでも5%なんて1日で実現してしまいます。

 

 

10万円を1000万円にできることは、1万%のパフォーマンスなのでそれ自体は凄いことです。

でも、それはリスクを取りすぎです。

それを目指して真似するより、コツコツと利益と経験を積み重ね、

分母を大きくして毎月数%のリターン得た方が遥かに稼げます。

リターン=分母×経験値

そのためには計算しつくされた資金管理と一貫性のあるロジックが必要であり、

トレードに不要なメンタルを排除して行かなければいけません。

 

だから裁量トレードを手助けしてくれるEAが最大の武器となってきます。

 

ポイント

トレードで勝ち続けるには一獲千金を求めるのではなく、コツコツと利益を積み上げていく必要があり、

リターンを大きくするにはロットを上げるのではなく、分母を大きくしていくことが正しいプロセスとなる。

 

よくあるお問い合わせ

初めまして。お世話になります。 EAの使用を検討していますが、 動画中ではポンドでEAを使用されていましたがポンド以外にも使用は可能でしょうか? よろしくお願いいたします。
お問い合わせありがとうございます。もちろんポンド以外の通貨ペアでも利用できます。ご自身が得意とされる通貨でやられるのがいいと思います。

 

いくつかのEAがありますが、どのEAがお勧めですか?また同一口座で同時に使うことはできますか?
お問い合わせありがとうございます。お勧めはkenjitukunとtuibroのセットです。ナンピンとピラミッティングを組み合わせることで双方のデメリットをカバーできます。成り行きか指値かはトレードに裂ける時間があるかないかですので、使う方のライフスタイル。またそれぞれのEAまたは同じEAはマジックナンバーを変更すれば同一口座で何個も使うことができます。

 

お世話になります。 EA初心者なのですが使えますか?素人質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いします。
お問い合わせありがとうございます。EA自体は初心者の方でも使えますが、このEAはどこでも使えるものではありませんので相場の知識(ダウ理論)については必須です。ダウ理論については当サイトでレクチャーして行こうと思います。またダウ理論を使ったオリジナルインジケータ(レジサポラインを出す機能)もありますので、どこでエントリーすればいいのか一目瞭然となります。

ユーザーボイス

 

常勝トレーダーになるために必須なEAを手に入れるには

 

私はこのEAを作成するにあたって、何度も試行錯誤を繰り返し、

トータル100万近く掛けて開発者にお願いして作成してもらっています。

それでも多くの方に手に取っていただき、WIN-WINの関係を築きながら社会貢献をするのが私のモットーです。

なのでEA自体は無料で配布することを決めました。

但し、まずは先行者の利益を守りたいので、先着50名までとします。

こちらも対応が追い付かないと思いますので。

 

ただEAを手に入れるには2つだけ条件があります。

1つは、ユーザーの方が証券口座で使えるようにセッティングする必要がありますので、

開発者に1個のEAに付きセッティング料2,000円(税込み)をお支払いいただきます。

全部必要な方は合計で8,000円(税込み)となります。

 

もう1つは、以下のリンクからMT4用のXM口座を開設して頂くだけです。

XM口座開設

 

XMからのIB報酬が私のキャッシュポイントとなります。

だからこそEAを「無料」で提供できます。

 

XMの口座開設と有効化が完了しましたら、こちらのボタンからお申し込みください。

 

※XMでは200万円以上の運用はレバレッジ規制されてしまいますので、

それ以上の運用をご希望の方は、私が海外で主に使っているタイタンをお勧めいたします。

 

EA希望フォームはコチラ

 

EAを入手するまでの手順

 

step
1
リンクからMT4用のXM口座を開設する

こちらからXMの口座を開設、有効化します。

XM口座開設

step
2
EA希望フォームから申請する

口座開設が完了したらEA希望フォームで、お名前、メールアドレス、開設済みのMT4用のXM口座番号を入力し、ご希望のEAにチェックを入れてください。

step
3
EAセッティング料を払う

自動返信メールが届きますので、そちらに記載された開発者の振込先にセッティング料をお支払いください。

お支払い方法は銀行振り込みまたはPAYPALになります。

step
4
EAを設置

お支払いが確認できましたら、EAとマニュアルを送付いたします。

マニュアルに沿って設置していただければセット完了です。

マニュアルの内容は以下のようになっています。

マニュアルの内容

  • VPSセッティングマニュアル
  • EAの設定方法

 

EAを動かすための環境

EAを動かすためにはVPSが必要です。

VPSとはVirtual Private Serverの略で、簡単に言うと、

サーバー上で24時間動いてくれる自分専用のPCがあるということです。

 

自宅のPCを24時間付けっぱなしにすることは現実的に厳しいので、

それをどこでもアクセスできるPCを借りてEAを動かします。

 

VPSを提供している業者はいくつかあるのですが、

安定してお勧めできるのは ablenet(エイブルネット)です。

お名前.comのVPSは不具合が多く安定していません。

マニュアルでもablenet(エイブルネット)について解説しております。

 

お持ちのスマホからVPSにアクセスすることができますが、iphoneはアクセスできても、

EAのラインをクリックして移動できないという不具合を確認しています。

これはiphoneのクリックの仕様がandroidと違うために起こるのが原因です。

 

以上、今回のご案内はここまでとなりますが、

私が開発したEAで資金管理、メンタルのコントロールを超越的に改善し、

より多くの常勝トレーダーを輩出できることを切に願っております。

 

【免責事項】

EAの使用、実行は、すべて自己責任で行うものとし、投資によるいかなる損害が発生しても、

当方は一切の責任を負わないものとします。

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.