Titan(タイタン)徹底解説

「Titan(タイタン)」利用前に知っておきたい税知識の詳細まとめ

「Titan(タイタン)」は海外取引所だけど、税金関係はどうなるの?」

 

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

 

安定して収益を得られるようになると気になるのが、FXの利益で発生する税金関係

 

そこで当記事では「Titan(タイタン)」で得られた収益に関する税金の詳細や注意点についてポイントを解説してきます。

 

そのため「Titan(タイタン)」を利用する上で、税知識を学んでおきたい方にピッタリの内容です。

 

今後「Titan(タイタン)」でのトレードを検討している方は、是非参考にしてみてくださいね!

 

「Titan(タイタン)」でのFXは、一定の条件を満たすと申告が必要

 

結論からいうと「Titan(タイタン)」では、年間に換算して一定額以上の利益が出ると申告義務が発生します

 

一般的なサラリーマンであれば、年間20万円以上の収入が発生すると国へ収益の申告を行う「確定申告」を行わなければなりません

 

また海外取引所ですが、国税庁は脱税者を調べるため海外の税務当局へ情報捜索ができるように仕組みが形成されています。

 

そのため口座開設には個人情報の登録を行うため、税務署は簡単に税金を払っていないことも特定する事が可能。

 

条件を満たしているにも関わらず申告を行わず特定された場合には、追加に課税されるペナリティなどのリスクを追うため注意が必要です。

 

 

そもそも確定申告とは?

 

確定申告とは年間の収入を国へ申告することにより、翌年に発生する税金を決定する税制度です。

 

事業主や会社経営者であれば必ず学ぶ必要のあるシステムですが、会社員として働いている場合にはあまり馴染みのない制度ではないでしょうか。

 

理由としては会社員の場合は、会社の経理が事前に差し引きを行い手取りの給料として社員に振り込みを行うため。

 

ですが会社と関係のない自力で稼いだ副収入は、自身で経理を行い申告に必要な収益を算出する必要があります

 

そのため会社から支払われる給料とは別に、確定申告を行う必要がある点についても注意しましょう。

 

 

意図的に確定申告を行わなかった場合「脱税」扱い

 

結論から言うと確定申告の条件を満たしているにも関わらず、申告を行わない行為は脱税行為です。

 

理由としては副収入を得ているにも関わらず国へ申告を行っていない状態なので、本来支払う税金が発生しない状態になるため。

 

確定申告の条件を満たしている状態で申告を行わず税務署から警告を受けた場合、無申告加算税や延滞税と呼ばれるペナリティが発生します

 

無申告加算税の場合は15〜20%などの重税が伴い、税務署は効率良く税金を徴収するため2〜3年間わざと泳がせるという噂も。

 

そのため確定申告の条件を満たした場合には、脱税とならないためにも確実に申告を行うようにしましょう。

 

 

「Titan(タイタン)」は海外取引所のため税率が異なる

 

「Titan(タイタン)」はFXでも海外取引所になるため、国内取引所とは異なる税率が採用されています

 

そこで「Titan(タイタン)」を含めた海外取引所や、国内取引所で採用されている税率についても順を追って解説していきましょう。

 

【海外取引所】総合課税とは?

 

海外取引所では、「総合課税」と呼ばれる税率が採用されています。

 

国内取引所と大きく異なる点は、赤字が発生した場合に行える「赤字申告」による繰越しが行えません。

 

そのため大きな損失が伴った赤字年の損失を、翌年後以降の控除へ充てることができないため注意が必要です。

 

【国内取引所】申告分離課税とは?

 

国内取引所では「申告分離課税」と呼ばれる税率が採用されています。

 

海外取引所とは異なり、赤字が発生した場合には個人事業主の場合には最大3年間の繰越しを行う事ができます。

 

ただし国内取引所では、海外取引所ならではの追証が発生しない「ゼロカットシステム」が法律上採用できません。

 

そのため相場の急変動時には、多大な借金を背負うリスクを抱えているため注意が必要です。

 

EAの購入やVPSの維持費は経費計上可能?

 

結論から言うと、EAの購入費用やVPSの維持費などは必要経費として経費計上を行う事ができます

 

経費とは事業を行う上で使用する費用の総称で、確定申告時に税金が発生する「利益」の算出に必要な控除項目です。

 

確定申告では売り上げから経費を差し引いた「利益」へ課税が行われるため、FXで収入を上げるために使用した費用で控除を行わなければ余分に税金を払うことになります

 

経費で差し引かず収益を申告した場合には、結果として住民税などの増額に繋がるため事前に経費にできる項目を押さえておきましょう。

 

またEAやVPS維持費の他に、FXで収入を上げていくために経費として認められるものは以下のようなものが挙げられます。

 

  • パソコン
  • スマホ・タブレット等のデバイス
  • 通信代
  • 書籍代
  • コンサル費、セミナー費
  • 電気代など

 

更に10万円を超える経費に関しては「減価償却」スマホや電気代などFX以外にも使用する経費は「案分」と呼ばれる経費計上を行います。

 

「減価償却」「案分」それぞれの経費項目の詳細についても解説していきましょう。

 

 

減価償却

 

減価償却とは10万円を超える高額な経費を、定められた年数毎に分割して控除が行える税制度

 

減価償却が定められている理由としては、高額な経費は1度に利益から差し引きを行うと利益がわからなくなってしまうため。

 

また定められた年数を「使用期間」と呼び、パソコンや車など項目毎に細かく設定されています。

 

一例を挙げると18万円のパソコンの場合には3年と定められており、3で割った6万円を1年に一度3回に渡り控除する事が可能です。

 

案分

 

案分とはスマホや電気代といったFX以外のプライベートでも使用する経費項目を、パーセンテージで算出し経費計上を行う税制度

 

一例を挙げるとスマホ購入費用は私用も兼ねる場合には、半分以上をFXで使用しているとは証明し難い経費項目です。

 

税務署に根拠を説明する場合にはトレード時間や情報収集の利用度を考えると、25%〜35%程度が妥当な案分比率となります。

 

ですが完全FX用にスマホを一台購入した場合には、100%経費として計上する事が可能です。

 

また案分には明確な計算方法がないため、税理士に依頼しない場合は事業主の責任で計算を行うことになります。

 

ただし税務署に指摘が入った場合には、明確に説明できる理由が必要になるので注意が必要です。

 

 

「Titan(タイタン)」利用前に知っておきたい税知識まとめ

 

最後に「Titan(タイタン)」利用前に知っておきたい税知識について、詳細をまとめていきましょう。

 

【「Titan(タイタン)」税知識まとめ】

  • 「Titan(タイタン)」でも一定の条件を満たすと確定申告の義務が発生
  • 会社員の場合には、年間20万円を超える利益が発生した場合に確定申告の必要有り
  • 確定申告とは年間収益を国へ報告し、来年度の税金を決定する税制度
  • 確定申告を行わなかった場合、無申告加算税などのペナリティが発生する恐れ有り
  • 「Titan(タイタン)」は海外取引所のため、国内取引所と税制度が異なる点に注意
  • FXではEAの購入費用やVPS維持費、コンサル費などを経費計上する事ができる

 

「Titan(タイタン)」の利用前に、税知識を学んでおきたい方へ参考としてお役立ていただければ幸いです。

 

当サイトではmt4を利用し、人の判断とプログラムの利点を良いとこ取りした「半裁量型自動売買EA」の利用を推奨しております

 

一般的に出回っている「完全自動売買EA」は、以下の2点の矛盾点を抱えており殆どの商品が詐欺紛いのEAというのが実情です。

 

矛盾する2点の性質

  • トレンドフォローのEAは、レンジ相場に弱い
  • レンジ相場に強いEAは、トレンドフォロー時に弱い

 

ですが「半裁量型自動売買EA」は適した相場を人の目で導入を判断し、残りはプログラムによる運用でメンタルに左右されないトレードを実現する事が可能です。

 

更に世間に出回る数々のEAを買い集め長年に渡る試行錯誤の上で独自開発を行った、半裁量型自動売買のシステムを採用したオリジナルEAを配布しています。

 

私が使っている「半裁量型EA」はトレンド相場にEAを導入することにより、

資金管理をしながらメンタルに左右されないルールを厳守したトレードを実現する事ができます。

 

EA自体は先着50名に限り無料配布を行っています。(口座セッティング料2,000円だけ必要になります。)

詳しい内容は以下に記載していますので、EAを利用したFXトレードで本気で勝ち続けたい方は、この機会に是非「半裁量型EA」を手に取ってみてください。

 

【脱・負けトレーダー!】FXのルールを守れないトレーダーが安定して勝ち続けるトレーダーになる方法

TAKAです。 今回は僕が実践しているFXの裁量型EAについて、 ご紹介いたします。 ここでは『FXのルールを守れないトレーダーが安定して勝ち続けるトレーダーになる方法』を書いていますので最後までお読 ...

続きを見る

 

 

-Titan(タイタン)徹底解説
-

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.