XM徹底解説

【FX】ロット数って何?今さら人に聞けない基礎知識を初心者向けに紹介

XMでFXを始めようか検討しているが「ロット」が、いまいち何かよく分からない

 

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

 

FXを始めようか検討してるユーザーであれば、聴き慣れない単語が頻繁に現れるので戸惑う方も多いのも事実。

 

そこで当記事ではFXを始めようか検討してる方で、FX用語を覚え始めている方に向けてロット数の詳細を解説していきます。

 

初心者でも分かりやすいよう、FX用語を噛み砕きながら解説していきますので疑問が多い方は是非参考にしてみて下さい!

 

 

そもそもロットとは?

 

結論から言うとロット数とは、FXで取り扱う「取引数量」の総称です。

 

工場で取り扱う商品の注文数と同じで、FXの取引もロットで管理することによりトレードを管理し易くするのが目的。

 

また似た表現で「通貨」「数量」「枚数」「lot」と呼ばれることもありますが、意味合いとしては全て同じです。

 

 

金額ではなく何故ロットを用いるの?

FXの注文では、実際に取引を行った金額ではなくロット数を用いる理由としては桁の入力間違えを減らすのが目的です。

 

桁数の多い取引が頻繁に行われるFXでは、毎回桁数の多い取引を頻繁に行っているとミスが多発してしまうもの

 

毎回10,000〜1,000,000円近くの数量を管理するのは、骨が折れる作業になるのは初心者でも想像するのは難しくないでしょう。

 

そこでロット数で取引を管理することによって未然に桁間違えの注文を防ぎ、トレードの管理を簡単にする事ができます。

 

またロット数で管理することにより、過去の取引履歴も見易くなるため円滑にトレードを行うには必要不可欠な数量となっています。

 

 

XMでは1ロットいくら?

 

結論から言うと取り扱う通貨や、取引業者によって1ロットの金額が異なります

 

XMでスタンダート口座を取り扱い、アメリカドルを取り扱う取引の場合「1ロット=10万通貨」。

 

10万通貨を日本円換算すると約1,200万円前後で888倍のレバレッジを効かせる事ができるため、日本円に換算すると12,000円相当で1lotの注文を行う事ができます

 

またXMでは最小で0,01lotからの注文も可能なので、マイクロ口座であれば少額での取引も行う事が可能です。

 

 

そもそもレバレッジとは?

 

FXで表現されるレバレッジとは、少ない金額で大きな金額の取引が行えるシステムの総称

 

また本来であればレバレッジを効かせる事ができる分、抱えるリスクも増大し入金額以上の損失が発生します。

 

ですが取引会社には一定以上の損失が発生すると、自動的に取引が終了する「強制ロスカット」というシステムを採用しています。

 

ロスカットの詳細については、以下の記事で具体的に解説していますので分からない方は是非参考にしてみて下さい。

 

【今更聴けない】XM利用で発生するスプレットとは?初心者でも分かりやすく紹介

 

更にゼロカットシステムが搭載されている海外取引所であれば、借金を抱える可能性がある「追証」が発生しません

 

【FX】XMで追証が発生しない理由や、ゼロカットシステムの詳細を紹介!

 

そのため追求できる利益はレバレッジにより高くなるにも関わらず、発生する損失も入金額以上を伴うことがないのもXMの魅力

 

国内取引所であればレバレッジの制限は過去に25倍の制限がありましたが、2020年9月現在では10倍へ引き下げの法律改正の検討も議論されています。

 

ですが海外取引所であれば日本の法律による影響を受けないため、レバレッジの規制がありません

 

結果としてXMで採用されている888倍のハイレバレッジで、ゼロカットシステムによるリスクを軽減しながら運用する事が可能なのも大きなメリットでしょう。

 

 

マイクロ口座とスタンダート口座では、ロットでの取引単位が異なる

 

マイクロ口座とスタンダート口座では、最小取り扱いロット数は0,01lotです。

 

ですがロット数は同じでも、以下の通り取引通貨数が2つの口座で異なります。

 

  • マイクロ口座:1lot=1,000通貨
  • スタンダート口座:1lot=100,000通貨

 

そのため口座ごとで、同じロット数での注文にも関わらず実質動いている金額が異なることも

 

後から後悔しないためにもリアルマネーを伴うトレードは、事前に動く金銭を具体的に把握して取引を行いましょう!

 

 

FXを始めたばかりならデモ口座で注文に慣れよう

 

ロット数や通貨数の存在を知ったものの、具体的な数字が分からず困惑する方も多いのではないでしょうか。

 

実際に取引で動く通貨数は、通貨ペアなどの取引状況によって変化するため具体的な数字で解説するのが難しいのが現状です。

 

そこでオススメなのが手軽に利用できる、デモ口座を使用したトレードのシュミレーション。

 

デモ口座であれば実際のトレード画面を想定した取り引きが可能なので、自分が取り扱う通貨ペアで動く金銭を忠実に把握することができます

 

デモ口座については以下の記事で解決を行なっていますので、興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

 

【FX】XMで利用できる「デモ口座」とは?リアル口座との違いや概要を紹介

 

EA利用前には、ロットの意味を把握しておこう!

 

長い時間を費やして、いざリアルマネートレードを始めたものの、FXでの裁量取引はチャート画面から目を離せません。

 

そこで利用を検討したいのが、プロが設定したプログラムで自動売買取引を実現することが可能なEA(エキスパート・アドバイザー)。

 

EAを利用したトレードであれば、プログラムが売買を行い利益の確定や損切りまで自動で行ってくれます

 

ですが事前に発注を決めるロット数までは自動では行ってくれないので、最低限の発注知識が必要になります。

 

EAの利用には、デモ口座でのシュミレーションが行えないツールが多いものも珍しくありません。

 

そのため想像以上の取引数になり後で後悔しないためにも、事前にロットや取引通貨量の把握を念入りに済ませておきましょう。

 

デモ口座を開設する

 

EAの利用前に押さえておきたい「ロット」の詳細まとめ

 

最後にロット数の詳細の詳細について、まとめていきましょう。

 

【ロットの詳細】

  • ロットとは、FXでの取引数量の総称
  • ロットを用いることにより金額が大きくなりがちなFXで、桁入力のミスを減らすことが可能
  • 1lotは取り扱う通貨ペアや、業者によって異なる
  • XMでは同じ1lotでもマイクロ口座とスタンダート口座で通貨枚数が異なる点に注意
  • ロット数の把握は、デモ口座で入念なシュミレーションがおすすめ

 

当記事がFX初心者の方々で、ロット数の意味を把握できていない方へお役に立てれば幸いです。

 

当サイトではEAの活躍できる適切な相場を人間が判断を行い、決済や損切りをプログラムに任せる「半裁量型自動売買EA」の利用を推奨しています。

 

半裁量型EAは人間とプログラムの良い所取りを行い、安定した勝率を実現することが可能。

 

私が使っている「半裁量型EA」はトレンド相場にEAを導入することにより、

資金管理をしながらメンタルに左右されないルールを厳守したトレードを実現する事ができます。

 

EA自体は先着50名に限り無料配布を行っています。(口座セッティング料2,000円だけ必要になります。)

詳しい内容は以下に記載していますので、EAを利用したFXトレードで本気で勝ち続けたい方は、この機会に是非「半裁量型EA」を手に取ってみてください。

-XM徹底解説
-

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.