Titan(タイタン)徹底解説

【FX】Titan(タイタン)「スタンダート口座」「ブレード口座」の違いを解説

「Titan(タイタン)」の利用を検討しているが、スタンダート口座とブレード口座のどちらを選べば良いか分からない」

 

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

 

初めて利用を検討する取引所では、聴き慣れない口座種類の名前に戸惑う方も多いのが現状です。

 

そこで当記事では2種類の口座から、どちらの口座を選べば良いか分からない方に向けて詳細を解説。

 

スタンダート口座とブレード口座の選択に迷っている方にぴったりの内容になっています。

 

Titan(タイタン)の利用を検討しているものの、口座の種類選択に悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね!

 

 

Titan(タイタン)で選択できる口座は2種類

 

Titan(タイタン)を利用する場合に選択肢となる口座は、「スタンダート口座」と「ブレード口座」の2種類

 

それぞれ2種類の口座の違いや特徴について、順を追って詳細を解説していきましょう。

 

スタンダート口座の詳細とは?

 

スタンダート口座は人の目で売買の判断を下す裁量取引や、小ロットの取引を行う比較的ビギナー向けの口座です。

 

ビギナー向けの理由としては、ブレード口座では取引の際に伴う取引手数料が発生しないため。

 

ですがスプレットと合計した取引の際に伴う手数料は、取引量が多くなるほど総合的にブレード口座が割安となります。

 

そのため将来的には多く保有資産で取引を行うための、ブレード口座へ移行するための練習場とも呼べる口座でしょう。

 

また保有資産額が少なく小さくFXで利益の積み上げを狙う方は、登録時の豪華なボーナス特典などが魅力の大人気海外取引所「XM Trading」がオススメです。

 

【FX】XMのボーナス3種類の詳細や受け取り方・キャンペーンの詳細解説

「XMを利用する特典である、ボーナスの詳細が知りたい!」   こんな疑問を、お持ちではないでしょうか。   XMは数ある海外取引所の中でも、豪華なボーナス特典から長年高い人気を誇る ...

続きを見る

 

 

ブレード口座とは?

 

ブレード口座とはTitan(タイタン)の中でも、最安の取引手数料と狭いスプレットを誇る口座

 

数々の海外取引所の中でも一回の決済毎に発生する手数料の総額が最安値を誇るため、資産額の多い短期決済を繰り返すスキャルピングと最も相性が良い口座です。

 

更に「Zero Pointテクノロジー」により実現した高速光ファイバーECNにより実現した迅速な注文執行が行われるので、スタンダート口座を上回る約定率も魅力的

 

また取引手数料の安さから取引プラットフォームで「mt4」を利用できる事から、EA(エキスパート・アドバイザー)を用いたスキャルピングトレードにも向いている口座です。

 

そのためTitan(タイタン)最大の魅力である取引に伴う手数料の安さの恩恵を最大限に活用することができる口座となっています。

 

Titan(タイタン)の口座開設はこちら

 

 

Titan(タイタン)でオススメの口座は?

 

結論から言うと「ブレード口座」の利用がオススメです。

 

理由としては「Titan(タイタン)」を利用する最大のメリットである、取引手数料の安さを最大限に発揮できる機能が搭載されているため。

 

勿論スタンダート口座も、他社の海外取引所と比較しても狭いスプレットから取引の度に発生する手数料は割安です。

 

ですが高い人気を誇る他社の海外取引所では豪華なボーナス特典は無視できない存在のため、ボーナス特典を捨ててTitan(タイタン)を利用するのであれば徹底した最安値の追求を求めたい所

 

そのため「Titan(タイタン)」を利用するのであれば、一度の取引手数料を最安値で実現できるブレード口座の利用が最も推奨できる口座でしょう。

 

Titan(タイタン)の口座開設はこちら

 

 

Titan(タイタン)を利用するメリット

 

利用可能な口座2種類の詳細を解説したところで、他社の海外取引所ではなく「Titan(タイタン)」を利用するメリットの数々も紹介していきます。

 

Titan(タイタン)での口座開設を検討している方は、検討材料として是非参考にしてみてくださね。

 

 

500倍のハイレバレッジは保有資産額による規制が無い

 

「Titan(タイタン)」の魅力である最大500倍を誇るハイレバレッジですが、保有資産額によるレバレッジ規制を受けることはありません。

 

海外取引所の中でも高い人気を誇る「XM Trading」では最大888倍のレバレッジを利用可能なものの、保有資産額を約200万円以上を超えると200倍まで規制されます。

 

更に約1,000万円近くの保有資産を超えた場合には、100倍まで減少します。

 

そのため一定の資産額以上を用いた運用を行う場合にも、「Titan(タイタン)」は保有資産額によるレバレッジ規制を受けないのも利用がオススメできる理由でしょう。

 

 

海外取引所の魅力「ゼロカットシステム」も搭載

 

「Titan(タイタン)」は「バヌアツ共和国」を拠点とする海外取引所の一つであるため、日本国内の金融商品取引法の影響を受けません。

 

保有資産額を上回る損失が発生した場合に、追加で支払いの義務が伴う追証が発生しない「ゼロカットシステム」を採用しています。

 

そのため相場の大変動時に多大な借金を背負うリスクがないのも、「Titan(タイタン)」を利用する魅力。

 

そのため国内取引所のように高いリスクを背負わずに、安心してトレードができるのもTitan(タイタン)を利用するメリットです。

 

Titan(タイタン)の口座開設はこちら

 

 

Titan(タイタン)は「mt4」を利用したEA導入の検討を!

最後にTitan(タイタン)で利用できる「スタンダート口座」「ブレード口座」2種類の違いについて詳細をまとめていきましょう。

 

【口座2種類の違いまとめ】

  • スタンダート口座は、裁量取引や小ロットの取引に向いた取引口座
  • ブレード口座は、最安の取引手数料と高い成約率が魅力の口座
  • Titan(タイタン)を利用する場合には、最もオススメな口座は「ブレード口座」
  • Titan(タイタン)は保有残高によるレバレッジ規制が無い
  • ゼロカットシステム により、多大な借金を抱える追証のリスクがない

 

Titan(タイタン)の利用を検討しているものの、2種類の口座どちらを選べば良いか分からない方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。

 

当サイトではmt4を利用し、人の判断とプログラムの利点を良いとこ取りした「半裁量型自動売買EA」の利用を推奨しております

 

一般的に出回っている「完全自動売買EA」は、以下の2点の矛盾点を抱えており殆どの商品が詐欺紛いのEAというのが実情です。

 

矛盾する2点の性質

  • トレンドフォローのEAは、レンジ相場に弱い
  • レンジ相場に強いEAは、トレンドフォロー時に弱い

 

ですが「半裁量型自動売買EA」は適した相場を人の目で導入を判断し、残りはプログラムによる運用でメンタルに左右されないトレードを実現する事が可能です。

 

更に世間に出回る数々のEAを買い集め長年に渡る試行錯誤の上で独自開発を行った、半裁量型自動売買のシステムを採用したオリジナルEAを配布しています。

 

私が使っている「半裁量型EA」はトレンド相場にEAを導入することにより、

資金管理をしながらメンタルに左右されないルールを厳守したトレードを実現する事ができます。

 

EA自体は先着50名に限り無料配布を行っています。(口座セッティング料2,000円だけ必要になります。)

詳しい内容は以下に記載していますので、EAを利用したFXトレードで本気で勝ち続けたい方は、この機会に是非「半裁量型EA」を手に取ってみてください。

 

【脱・負けトレーダー!】FXのルールを守れないトレーダーが安定して勝ち続けるトレーダーになる方法

TAKAです。 今回は僕が実践しているFXの裁量型EAについて、 ご紹介いたします。 ここでは『FXのルールを守れないトレーダーが安定して勝ち続けるトレーダーになる方法』を書いていますので最後までお読 ...

続きを見る

 

 

-Titan(タイタン)徹底解説
-

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.