Titan(タイタン)徹底解説

【FX】Titan(タイタン)でのロスカット事情や今更聴けないロスカットの詳細を紹介

「Titan(タイタン)でのロスカット使用はどうなっているのかな?」

 

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

 

新たに利用する海外取引所では仕様が異なることも多いので、気になっている方も多いのも現状。

 

そこで当記事では、Titan(タイタン)に関するロスカットの使用や詳細を解説していきます。

 

新たに海外取引所で、Titan(タイタン)の利用を始めたばかりの方にうってつけの内容です。

 

ロスカットに関する疑問が多い方は、是非当記事を参考にしてみてください。

 

 

Titan(タイタン)のロスカット基準は?

 

結論から言うとTitan(タイタン)でのロスカットは、証拠金維持率を20%下回ると執行されます

 

証拠金維持率とは一言で簡単に説明すると、入金した額に現在の取引が釣り合っているかを数値化して見やすくしたもの。

 

500倍のハイレバレッジ取引が行えるTitan(タイタン)ですが、ロット数によっては取引に必要最低限の金額が存在します

 

そのため、必要最低限の金額に見合っていない入金額で取引を行っていた場合のブレーキとして機能するのがロスカットです。

 

国内取引所では50%に定められている場合が多いため、保有したポジションが一定の耐久を持つことも海外取引所の魅力。

 

ただしロスカットが執行された場合には、国内取引所に比べると損失額が大きくなる点に注意が必要です。

 

 

ロスカットとは?

 

そもそもロスカットの詳細は、正しく把握しているでしょうか。

 

ロスカットとは、Titan(タイタン)で設けられた一定以上の水準を下回ると強制的に決済が行われるシステムの総称です。

 

強制的に決済が執行される理由としては、入金額以上の損失が発生することを未然に防いでくれるため

 

Titan(タイタン)で扱うことができるレバレッジ数は最高で500倍なので、大きな利益を狙える分損失額も膨らみがちです。

 

追証が発生しないゼロカットシステムを採用しているTitan(タイタン)では、利用者が入金額以上に被った損失は運営が保証することにより実現しています。

 

そのためロスカットで自動的に損切りされるシステムがなければ、運営側としては経営として成り立ちません。

 

また基本的にロスカットが執行される場合には、口座に入金した金額が消滅する場合が殆どなので注意しましょう。

 

 

ロスカット基準である証拠金維持率とは?

 

証拠金維持率とは、口座に入金した証拠金に対して運用に必要な「必要証拠金」と呼ばれる金額の割合を数値化したもの

 

証拠金維持率はTitan(タイタン)で取引を行う場合には、基本的に取引用のプラットフォームが自動的に算出を行うため自身での計損は必要ありません。

 

ですが事前に計画的な運用を想定しており、事前に証拠金の計算を行いたい方は以下で計算ツールを利用する事ができます。

 

証拠金計算ツール

 

 

損切り・ロスカットの違い

 

「ロスカット」と似たようなFX用語で「損切り」と呼ばれる手法が存在しますが、内容は全く別物です。

 

損切りとは、現在保有しているポジションから損失を自分で決定するテクニックの総称。

 

基本的に損切りは自分の裁量で決定するため、ロスカットのように運営側から強制的に決済される事はありません

 

ですが損切りは、トレーダーとして利益を上げ続けるためには真っ先に覚える必要があるテクニック。

 

適切な損切りが行えない場合には、保有している資産を守ることができないため相場から退場を余儀なくさせられます

 

保有している資産の損失を最小限に抑えつつ運用を行うためにも、FXを始めるのであれば適切な損切りは真っ先に覚えましょう。

 

 

Titan(タイタン)のマージンコール基準は?

 

結論から言うと、Titan(タイタン)のマージンコール通知は有効証拠金が使用証拠金の90%を上回った時に施行されます

 

マージンコールとは、ロスカットが近づいていることをトレーダーに知らせる危険信号の一つ。

 

基本的にマージンコールが行われたポジションは、残念ながらエントリー相場まで戻ることは殆どありません。

 

ロスカットが施行された場合には保有資産の殆どを失ってしまうので、マージンコールが通知される前に損切りを行う判断が最も適切です。

 

 

ロスカットを避ける方法

 

ロスカットが執行された場合は多大な損失が決定されるため基本的には損切りが推奨されますが、どうしても一時的に外せないタイミングも存在します。

 

そこで維持的にポジションを保有する必要がある場面でロスカットを一時的に避ける手法の詳細を、それぞれ解説していきましょう。

 

 

追加入金

 

最も手っ取り早いロスカットを避ける手法は、追加入金を行い証拠金を増やしてしまう方法

 

手元の証拠金が多ければ多いほど、証拠金維持率のパーセンテージが上昇するため一時的にロスカットの作動を先延ばしすることが可能です。

 

ただし追加入金後に更なる損失が発生した場合にロスカットが作動した場合には、入金した資産も全て失われてしまいます。

 

そのため追加入金が必要になる前に適切な損切りを行い、手持ちの資本金を守り抜くことがトレードの基本です。

 

追加入金は本当にロスカットを先延ばしする価値のあるポジションか、冷静に考えて行う必要がある点に注意しましょう。

 

 

両建てを行う

 

手軽にロスカットを一時的に避ける手法として、「両建て」と呼ばれるテクニックを駆使する方法が挙げられます。

 

「両建て」とは、「同じ通貨ペア・同じタイミング」で、売りと買いのポジションを同時に保有するテクニックです。

 

ロスカット水準付近で両建てを行う事により、相場のどちらかが動けば2つのポジションのうち片方が必ずプラスに動くことになります。

 

その結果として証拠金維持率のパーセンテージが回復するため、一時的にロスカット水準から離脱することができます

 

注意点としては追加入金と同様に、ロスカットが作動した場合には更なる損失を生み出す可能性を秘めている点が挙げられます

 

 

「XM Trading」はボーナスで避けることが可能

 

Titan(タイタン)では利用できない手法ですが、海外取引所の中でもトップレベルの人気を誇る「XM Trading」ではボーナスを証拠金代わりに補填することができます

 

「XM Trading」で取引のたびに会得できるXMポイントは、現金として引き出せるだけでなく証拠金として返還を行うことも可能。

 

欠点としては取引期間が短い場合、証拠金維持率を回復させるほどのボーナス額を保有していない場合が多い点が挙げられます。

 

Titan(タイタン)の魅力である取引手数料の安さを求めず、以上のような豪華特典が目白押しの充実したボーナスを獲得したい場合には「XM Trading」の利用がオススメです。

 

【XM Trading】プロモーションとボーナス

 

相場の大変動によりロスカットが追いつかなかった場合

 

スイスフランショックのような予期せぬ相場の大変動が発生した場合は大混乱に伴い、自動的に作動するロスカットが追いつかない場合があります

 

500倍のハイレバレッジを利用できる「Titan(タイタン)」では、相場の大変動時には莫大な損失額へ膨らんでしまうことも珍しくありません。

 

そんな予期せぬ事態からトレーダーを守るシステムとして、Titan(タイタン)ではゼロカットシステムを導入しています。

 

ゼロカットシステムとは入金額以外の損失が発生した場合に、追加で支払い義務が発生する追証を運営側が負担するシステムの総称。

 

国内取引所では金融商品取引法の都合上から実現することが不可能なため、海外取引所ならではの魅力です。

 

ゼロカットシステムを導入することにより利用者が増えることで、運営側も利益を得られるため実現可能なシステムとなっています。

 

Titan(タイタン)の口座開設はこちら

 

ロスカットに陥る場合にはEA運用の検討を!

 

最後にTitan(タイタン)に関するロスカットの使用や、詳細をまとめていきましょう。

 

【Titan(タイタン)ロスカット詳細】

  • 「Titan(タイタン)」のロスカットは、証拠金維持率20%を下回ると作動する
  • ロスカットとは入金額以上の損失が発生するのを、未然に防ぐシステム
  • 証拠金維持率とは、口座に入金した証拠金に対して「必要証拠金」と呼ばれる金額の割合を数値化したもの
  • ロスカットは取引所が自動的に施工するシステムに対して、損切りは自分で損失を決定するテクニック
  • Titan(タイタン)のマージンコールは、有効証拠金が使用証拠金の90%を上回ると発生する
  • ロスカットは追加入金や両建てを行い、一時的に避けることができる

 

Titan(タイタン)のロスカットについて疑問をお持ちの方は、ご参考としてお役立ていただけたでしょうか。

 

ですがFXの運用において最も大切なのは、ロスカット水準まで下回ることなく損切りにより保有資産を守り市場からの退場を避けること

 

当サイトではmt4を利用し、人の判断とプログラムの利点を良いとこ取りした「半裁量型自動売買EA」の利用を推奨しております

 

一般的に出回っている「完全自動売買EA」は、以下の2点の矛盾点を抱えており殆どの商品が詐欺紛いのEAというのが実情です。

 

矛盾する2点の性質

  • トレンドフォローのEAは、レンジ相場に弱い
  • レンジ相場に強いEAは、トレンドフォロー時に弱い

 

ですが「半裁量型自動売買EA」は適した相場を人の目で導入を判断し、残りはプログラムによる運用でメンタルに左右されないトレードを実現する事が可能です。

 

更に世間に出回る数々のEAを買い集め長年に渡る試行錯誤の上で独自開発を行った、半裁量型自動売買のシステムを採用したオリジナルEAを配布しています。

 

私が使っている「半裁量型EA」はトレンド相場にEAを導入することにより、

資金管理をしながらメンタルに左右されないルールを厳守したトレードを実現する事ができます。

 

EA自体は先着50名に限り無料配布を行っています。(口座セッティング料2,000円だけ必要になります。)

詳しい内容は以下に記載していますので、EAを利用したFXトレードで本気で勝ち続けたい方は、この機会に是非「半裁量型EA」を手に取ってみてください。

 

 

 

-Titan(タイタン)徹底解説
-

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.