XM徹底解説

【FX】XMでEAを導入したトレードのメリット・デメリットを伝授

「XMを利用しているものの、EAが何かが分からない」

 

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

 

XMで徐々にトレードへ慣れてきたものの、FXではEAなど聴き慣れない単語が多く戸惑う方も多いのも事実です。

 

そこで当記事ではEAの詳細やメリット・デメリット、導入に関する注意点などの詳細を解説。

 

デモ口座で徐々に取引に慣れてきたものの、FXの用語がよく分かっていない方にピッタリの内容となっております。

 

詳細が不明な方にも分かりやすく概要を解説していますので、興味がある方は是非最後まで目を通してみてください!

 

 

EA(エキスパート・アドバイザー)とは?

 

EAとは「エキスパート・アドバイザー」の略で、トレード前に売買設定をプログラムに施し自動で運用する事ができる外部ツール

 

XMではmt4に採用されているMQLA4言語という特性上、簡単にプログラミングが可能なため数多くのEAが出回っており選択肢が豊富な点が魅力です。

 

そのため自分で自動売買ツールを作成できるだけではなく、経験豊富なプロトレーダーの作成したプログラムを利用可能。

 

適した場面で導入することにより、初心者でも高スキルの運用を実現する事が可能な画期的なツールとなっています。

 

 

EAを利用したトレードのメリット

 

売買の判断をプログラムに任せることにより、プロトレーダーのノウハウを利用可能なEA

 

そんなEAの概要を解説したところで、利用するメリットの数々についても詳細を解説していきましょう。

 

 

プロトレーダーの戦略を利用可能

 

EAを利用する最大のメリットは、熟練のプロトレーダーが仕込んだ設定内容で運用が行えるため初心者でもプロ並みのトレードが実現可能な点が挙げられます。

 

特にmt4ではシンプルで外部ツールを作成しやすく、15年近くに及ぶ運営の歴史から有料・無料を問わず膨大な数のEAが存在

 

その分EAを選ぶ選択肢が増えるので、最も自分が安定した勝率を叩き出す事が可能なEAと巡り合う確率が上がります

 

また頻繁に状況が変わる相場に対して、設定を変更出来る簡易性から次々と新しいEAが生まれるのもXMでmt4を利用する魅力の一つ

 

海外で作成されたツールも充実したXMの日本語対応の数々により、直感的に操作できるのもmt4でEAを使用するメリットでしょう。

 

そのため外部ツールの作成を行いやすい環境から、EAを利用した取引はmt4が主流となっています。

 

以上の要因からプロ並みの戦略を初心者でも実現可能なのも、EAを利用したトレードの魅力です。

 

メンタルに左右されない取引が可能

 

EAを利用したトレードでの売買基準は事前に仕込んだプログラムが判定を行うため、感情に左右されないトレードを実現する事が可能です。

 

特に自身の判断が全てとなる裁量型トレードは、含み損の増減が伴い徐々に冷静な判断が失われていきます。

 

保有金額が豊富なときには冷静に判断を行えていたものの、負け続けて所持金が僅かになると適当な判断を行いがち

 

ゲームやギャンブルなど失った保有金を取り戻そうと損切りが行えずに、全ての財産を失った経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

これは「サンクコストバイアス」と呼ばれる、失った資産や時間、労力を取り戻そうとする人間であれば誰しも備わっている心理現象です。

 

一言で言えば「もったいない精神」でFXでは特にリアルマネーを用いた運用となるため、確実に同じ心理現象が発生してしまいます

 

以上の心理現象によるメンタルトレーニングは、残念ながら人間の本能との戦いになるため習得までに多大な労力が必要になります

 

そんな悩みもEAであれば感情を伴わないプログラムによる売買により、人間本来の弱点を克服しながらトレードを行う事が可能です。

 

 

画面から離れる事ができる

 

裁量トレードでは刻一刻と変化する相場の変動から目を離せないため、画面前から動けないデメリットを抱えています

 

その結果損失を生むと、費やした時間と労力を取り戻そうと冷静な判断ができない心理現象から更なる含み損へと発展してしまうことも。

 

そんな画面から離れる事ができない労力から発生するメンタルから訪れるトラブルも、プログラムがトレードを行うEAを導入することにより解決する事が可能

 

EAでは適した場面で導入を行うことにより自動で売買を行うため、EAに任せた後は画面から離れる事ができるのも大きなメリットです。

 

また裁量トレードでは行う事ができない睡眠時や仕事中などにもトレードが行えるため、1日の取引回数を増やす事ができるのもEAの魅力!

 

一回の取引で高いリスクを伴う取引を行わずに、リスクを抑えて小さな利益を積み重ねて最終的な利益を大きくする戦法が実現できるのもEAが優れている利点となっています。

 

 

EAを利用したトレードのデメリット

 

ここまでEAを運用する上でのメリットの数々を紹介していきましたが、残念ながらデメリットも幾つか存在します。

そんなEAを導入したトレードのデメリットについても、詳細を解説していきましょう。

 

 

初期投資が必要

 

EAは気軽に利用を行う事ができる精度の高いツールであればあるほど、有料で販売されている確率の高い外部ツールです。

 

同じ戦法で利用する人々が増えるほど開発者も損を被るため、優秀なEAほど値段も高額である確率が高いというデメリットが存在。

 

そのため運用資金とプラスでEAの購入費用が必要となるので、必然的に初期投資に必要な額が多くなります

 

ただし優秀なEAを獲得して正しい運用法を行えば元を取ることも難しくないのも実情なので、十分検討余地のある欠点とも言えるでしょう。

 

 

運用には一定の知識が必要

 

基本的に放置するだけで勝ち続けるEAは、矛盾する売買戦略を抱えている関係から実現する事ができません

 

そのため勝率の高いEAは一定の知識を獲得し、適した場面で導入を行う目を養うロジックを学ぶ必要があります。

 

結果として資金だけ準備を行えば勝率を上げる事ができるものではなく、運用を行うまで一定の学習時間が必要になります。

 

初心者でも精度の高いトレードを実現可能とは言え、誰でも扱えるツールではない点もEAを利用したトレードのデメリットの一つでしょう。

 

 

損失発生の発見が遅れる可能性が高い

 

残念ながらプロトレーダーが作成したEAとはいえ万能ではなく、必ず勝ち続ける事は不可能という点は押さえる必要があります。

 

そのため損失が発生した場合でも、自動で運用を続けるため損失発生の発見が遅れてしまうデメリットを抱えています。

 

特にパターンから外れる相場の急変動には、事前にプログラムされたパターン以外を想定していないEAはどうしても対応できません。

 

そのため頻繁なチェックは必須で、すぐに損失時にカバーできる裁量トレードに比べて含み損が膨らみがちな点もEAのデメリットの一つでしょう。

 

 

完全自動売買のEAは存在しない

 

結論から言うと、放置するだけで利益を上げる事ができる「完全自動売買」のEAは存在しません

 

理由としてはEAに事前に施すプログラムは、以下の特性を抱えており完全自動売買においては矛盾が発生するため。

 

EAプログラムの特性

  • トレンドフォローのEAは、レンジ相場に弱い
  • レンジ相場に強いEAは、トレンドフォロー時に弱い

 

以上の二つの矛盾を克服したEAは実現する事が不可能なため、完全自動売買のEAは存在しないと言うのが現状です。

 

そのため誰でも放置するだけで利益を上げる事が可能と謳うEAは、詐欺である場合が殆どなので要注意。

 

ただしEAの利点と人間の判断の利点を上手く組み合わせて運用する「半裁量型自動売買」であれば、高い勝率を実現する事が可能です。

 

 

粗悪品が出回っている

 

EAは高額で取引されている事が多いため、元手不要で簡単に作成できる都合上から詐欺のような商品も数多く存在するのが現状です。

 

そのためEAの購入には購入して後悔しない、信頼できる商品を見極める目を養う必要があります。

 

ですが実際に信頼できるEAを探し出すには時間と労力に手間が掛かる上に、入手したEAが必ず勝率の高い運用が行えるとは限りません。

 

複数のEAを購入して適した場面で導入するといった、EAの試行錯誤が必要な点もデメリットの一つとして掲げられています。

 

 

XMでEAを利用するには「mt4」が選択肢

 

XMでEAを利用するには、「mt4」が最も有力な選択肢として挙げられています

 

理由を一言で説明すると、運営歴の長さやEAの作成が簡単な事から豊富なEAが開発されているため。

 

その他XMで「mt4」が高い人気を誇る理由や、最新型プラットフォーム「mt5」との違いなどは以下の記事で解説していますので興味がある方はご参考下さい。

 

【XM】MT4とMT5の違いは?EAと併用してトレードが可能なのはどっち?

 

 

EAを利用したトレードの口コミ

 

以下はEAを利用したTwitterでの口コミの一例を紹介していきます。

 

 

以上のような口コミから、EAを利用したトレードも検討材料の一つとして有力な選択肢として挙げられるでしょう。

 

EAを利用したトレードの詳細まとめ

 

最後にEAを利用したトレードのメリット・デメリットの詳細を解説していきましょう。

 

【EAを利用するメリット】

  • 初心者でもプロトレーダーの戦略を利用可能
  • メンタルに左右されない取引を実現可能
  • 裁量型トレードと違い、画面から離れる事ができる

【EAを利用するデメリット】

  • EAの購入代と運用資金が必要になるため、初期投資が高くなる
  • 一定の知識を習得し、EAを運用するスキルが必要
  • 裁量トレードに比べて、損失発生の発見が遅くなる
  • 完全自動売買は実現することは不可能
  • EAは高額な製品が多いため、詐欺が多い

 

EAを利用したトレードを検討している方は、参考としてお役立て頂ければ幸いです。

 

当サイトでは、適した相場を見定めて導入を行い売買をEAを利用した半裁量型自動売買EAを利用したトレードの使用を推奨しています。

 

私が使っている「半裁量型EA」はトレンド相場にEAを導入することにより、

資金管理をしながらメンタルに左右されないルールを厳守したトレードを実現する事ができます。

 

EA自体は先行者の利益を守るために先着50名に限り無料配布を行っています。(口座セッティング料2,000円だけ必要になります。)

詳しい内容は以下に記載していますので、EAを利用したFXトレードで本気で勝ち続けたい方は、この機会に是非「半裁量型EA」を手に取ってみてください。

-XM徹底解説
-

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.