Titan(タイタン)徹底解説

Titan(タイタン)で確定申告は必要?今更聞けない確定申告の詳細を解説

「Titan(タイタン)は海外取引所だけど、確定申告の事情はどうなのかな?」

 

こんな疑問をお持ちでは無いでしょうか。

 

「バヌアツ共和国」に本拠地を置く海外取引所である「Titan(タイタン)」で気になるのが確定申告の事情ですよね。

 

そこで当記事では「Titan(タイタン)」の確定申告に関する詳細や、確定申告を知らない方の為に概要を解説。

 

「Titan(タイタン)」での税金事情を知りたい方にも、ピッタリの内容となっています。

 

これから「Titan(タイタン)」の利用を検討しているものの、税金事情が気になっている方は是非参考にしてみてください!

 

 

そもそも確定申告とは?

 

結論から言うと、一定の条件を満たすと海外取引所である「Titan(タイタン)」でも確定申告の必要があります

 

ですが、そもそも確定申告についてはご存知でしょうか?

 

確定申告とは毎年一定額以上の収入を得ると発生する国への申告義務で、来年度に収める税金を決定する資料提出制度の総称です。

 

サラリーマンやアルバイトであれば源泉徴収を行い、事前に会社の経理が税金の算出を行うので馴染みのない方も多いかもしれませんね。

 

ですが副業や事業主で一定の額を稼ぐと必ず必要になる税知識で、正しく税金に関する知識を習得していなければ脱税扱いとなったり余分に税金を払ったりすることも。

 

そのため日本に住んでいる以上、会社以外の場所で収入を得ていくためには税金に関する学習は避けて通れない制度です。

 

税金に関する詳細は、以下の記事で解説していますので興味がある方は参考にしてみて下さい。

 

「Titan(タイタン)」利用前に知っておきたい税知識の詳細まとめ

「Titan(タイタン)」は海外取引所だけど、税金関係はどうなるの?」   こんな疑問をお持ちではないでしょうか。   安定して収益を得られるようになると気になるのが、FXの利益で ...

続きを見る

 

 

確定申告の条件

 

一般的な会社員であれば、FXでの年間利益が20万円を超えると確定申告を行う義務が発生します

 

注意点としては年間利益が20万以上なので、収入から経費を差し引いた合計額が20万円以下であれば申告の必要がありません。

 

一例を挙げると「Titan(タイタン)」で年間20万円の売り上げが発生し、経費として9万円のPCを購入した場合を考えてみましょう。

 

その場合は「売り上げ20万」-「経費9万(PC)」=「利益11万」となるため、確定申告の条件に当てはまりません。

 

あくまで合計金額から算出した「利益」が20万円を超える場合なので、発生した収益すべての合計額ではない点に注意しましょう。

 

確定申告の種類

 

一定の条件を満たすと申告の義務が発生する確定申告ですが、申告方法は「白色申告」と「青色申告」の2種類が存在します。

 

それぞれの確定申告に関する詳細についても、順追って解説していきましょう。

 

白色申告

 

申告内容が簡単な反面、青色申告のような特別控除といった特典が薄いといった特徴を持つ申告方法が白色申告

 

白色申告では青色申告のように個人事業主の開業届が必要ないため、手軽に行えるのが最大の魅力です。

 

個人事業主の開業届は税務署に届け出を出す手間が発生し、会社に副業バレする確率が上がってしまいます。

 

ですが青色申告の魅力である税金の控除が受ける事ができないなどの制約が伴うため、絶対副業バレしたくない方以外にはオススメできない申告方法でしょう。

 

青色申告

 

複式簿記や開業届を提出するなどの手間が発生する代わりに、特別控除などの節税を行う事ができる確定申告が青色申告

 

特徴として最大で65万円の特別控除を受ける事ができるため、大幅な節税を行う事ができる点が挙げられます。

 

青色申告を行う必要書類として、以下の二点を税務署へ提出しなければなりません。

 

  • 開業届
  • 青色申告承認申請書

 

また記帳は複式簿記になるため、確定申告ソフトやアプリなどを使用した記帳を使用する事をオススメ致します。

 

そもそも控除とは?

 

控除とは税金が算出される所得金額から控除額を差し引くことにより、翌年発生する税金額を減らす事ができる制度の一つ。

 

一例を挙げると副業の収入が100万円で控除を受けなかった場合、収入額100万円に対して税金が掛かってしまいます。

 

ですが65万円の青色申告による特別控除を受けた場合、控除額を差し引いた35万円に対して税金が発生するので大幅な節税を行う事が可能。

 

そのため利用できる控除を確定申告で申告しなければ、来年度の住民税や国民健康保険料といった支払う税金額が大幅に増加してしまいます

 

特に青色申告で使用できる特別控除額は数ある税制度の中でもトップレベルの節税を期待できるため、確実に利用したい制度の一つでしょう。

 

2021年より青色申告の特別控除の内容が変更

 

大幅な節税が期待できる青色申告の特別控除ですが、令和2年度分の所得税から税制度の改善により適応条件が変更されました

 

令和2年度分より最大65万円の特別控除を利用するためには、「e-Tax」を利用する必要があります

 

「e-Tax」とは、インターネットを利用して電子申請を行う事ができる国税庁が採用している税システム。

 

会計ソフトの機能や国税庁の確定申告書等作成コーナーなどで行う事ができ、マイナンバーカードが必要になります。

 

「e-Tax」以外での確定申告を利用した場合は、最大額から10万円を差し引いた55万円の控除額が適応となるため注意が必要です。

 

会社に副業をバレ難くする方法

 

副業としてFXを行っている方にとって気になるのが、会社に副業がバレないようにする方法ではないでしょうか。

 

残念ながら確実にバレないようにする方法はありませんが、バレ難くする方法として住民税を自分で納付する方法が挙げられます。

 

会社に副業がバレる要因は、副業により増加した住民税により複数の社員の中で1人だけ税金額が異なる点から発覚するのが最も多い原因。

 

理由としては、会社員であれば住民税は給料から自動的に天引きされる「特別徴収」が採用されているため

 

そこで確定申告時に住民税の納付方法を自分で納付を行う「普通徴収」にする事で、経理に住民税が知られる事がなくなるためバレ難くする事ができます

 

ですが「バレ難くする方法」なので、確実にバレない保証はないことは十分理解しておきましょう。

 

「Titan(タイタン)」の確定申告に関する内容まとめ

 

最後に「Titan(タイタン)」の確定申告に関する詳細や、確定申告を知らない方の為に概要をまとめていきましょう。

 

【「Titan(タイタン)」確定申告の詳細まとめ】

  • 海外取引所である「Titan(タイタン)」でも、確定申告の必要有り
  • 確定申告とは来年度の税金を決定するために必要な資料提出制度
  • 会社員の場合は、年間20万円以上の利益が発生した場合には申告義務が発生
  • 確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2種類が存在
  • 控除を駆使することにより、税金を大きく減らす事ができる
  • 2021年度の税制度改正により、青色申告の最大65万円特別控除が条件変更になった点に注意
  • 会社に副業バレしたくない場合には、住民税を自分で払う「普通徴収」を選択する必要有り

 

「Titan(タイタン)」で確定申告に関する詳細について気になっている方へ、参考としてお役立て頂ければ幸いです。

 

当サイトではmt4を利用し、人の判断とプログラムの利点を良いとこ取りした「半裁量型自動売買EA」の利用を推奨しております

 

一般的に出回っている「完全自動売買EA」は、以下の2点の矛盾点を抱えており殆どの商品が詐欺紛いのEAというのが実情です。

 

矛盾する2点の性質

  • トレンドフォローのEAは、レンジ相場に弱い
  • レンジ相場に強いEAは、トレンドフォロー時に弱い

 

ですが「半裁量型自動売買EA」は適した相場を人の目で導入を判断し、残りはプログラムによる運用でメンタルに左右されないトレードを実現する事が可能です。

 

更に世間に出回る数々のEAを買い集め長年に渡る試行錯誤の上で独自開発を行った、半裁量型自動売買のシステムを採用したオリジナルEAを配布しています。

 

私が使っている「半裁量型EA」はトレンド相場にEAを導入することにより、

資金管理をしながらメンタルに左右されないルールを厳守したトレードを実現する事ができます。

 

EA自体は先着50名に限り無料配布を行っています。(口座セッティング料2,000円だけ必要になります。)

詳しい内容は以下に記載していますので、EAを利用したFXトレードで本気で勝ち続けたい方は、この機会に是非「半裁量型EA」を手に取ってみてください。

 

 

 

-Titan(タイタン)徹底解説
-

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.