Titan(タイタン)徹底解説

「Titan(タイタン)」の法人口座開設に必要な書類や法人化による利点を紹介

「Titan(タイタン)」での法人口座を開設しようか迷っているが、法人口座の詳細を知りたい」

 

こんな疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

 

狭いスプレットと高レバレッジ運用が魅力の、人気海外取引所である「Titan(タイタン)」。

 

法人口座の開設を検討しているものの、具体的な詳細や注意点などを把握してない方も多いのではないでしょうか

 

そこで当記事ではTitan(タイタン)」で法人口座を開設するメリットや詳細について解説していきます。

 

海外取引所で、法人口座を開設しようか迷っている方は是非参考にしてみてください!

 

 

「Titan(タイタン)」は法人口座の開設が可能!

 

海外取引所の中でもメジャーな「XM Trading」では、法人口座の取り扱いがありません。

 

そのため海外取引所で法人口座の開設を検討すると、必然的に「Titan(タイタン)」が選択肢となります

 

「Titan(タイタン)」は、ボーナス制度などを省くことにより海外取引所の中で最安の狭いスプレットを実現。

 

更に保有残高によるレバレッジ規制がないため、利益を上げ続け解説の検討を行う法人口座とも非常の相性の良い取引所です。

 

スプレットの狭さから一度の取引量が多いスキャルピングにも向いており、約定率の高さも魅力的。

 

その他海外取引所の中でもトップレベルの人気を誇る「Titan(タイタン)」の詳細については、以下の記事で詳細を解説しております。

 

【FX】Titan(タイタン)とは?人気取引所の理由や注意点を紹介

「FXを始めるためにTitan(タイタン)の利用を検討しているけど、実際どうなの?」   こんな疑問をお持ちではないでしょうか。   高い人気を誇る海外取引所の一つである「Tita ...

続きを見る

 

 

FXで法人化する利点

 

法人口座の開設を検討している方は、FXで法人化することにより得られるメリットについてはご存知でしょうか。

 

「Titan(タイタン)」の利用だけではなく、トレーダーとして法人化することにより得られる利点についても事前に触れていきましょう。

 

 

節税効果が大きい

 

最も法人化する上で目的となるのが、個人事業主では実現できない節税効果の高さ

 

個人では経費で認めらえる項目は、スプレットが経費として認められないなど制約が多く節税には制限が付き物でした。

 

ですが一定の所得以上を得ている場合、法人であれば役員報酬の調整や社用車の導入が行えるなど経費対象が拡大するため高い節税効果を発揮。

 

そのため収益が伸びすぎて個人事業主では課税されすぎていた場合でも、経費項目を駆使することにより大幅な節税効果が期待できます

 

ただし個人事業主と比較すると税制度が複雑になるため、税理士への依頼といった出費が検討される点に注意しましょう。

 

 

最大で9年間の損失繰り越しができる

 

個人事業主の場合には損失が発生した場合には、繰越が行えたのは最大3年まででした。

 

ですが法人口座では損失が発生した場合には、最大10年間に及ぶ損失の繰越しを行う事ができます。

 

そのため数年にわたり損失が発生した場合でも、数年間の繰り越しにより高い節税効果が期待できるのも法人口座の魅力です。

 

 

社会的信用を獲得できる

 

個人事業主として専業トレーダーになった場合には、社会的信用の低さからクレジットカードなどの審査が厳しい傾向があります

 

ですが法人口座であれば社会的信用が高いため、クレジットカード・ローンの審査が緩くなり専業でも制限が緩和されます。

 

また銀行の融資も降りやすくなるため、FXで稼いだ資金と融資による資金を元手に新たな事業へ展開するなどの選択肢も。

 

そのため法人口座では社会的信用を獲得する事で、様々な審査の緩和を期待する事ができます。

 

 

法人口座開設に準備するもの

 

「Titan(タイタン)」で法人口座を開設するためには、以下の準備物が必要になります。

 

【法人口座開設に必要な書類】

  • 登記簿謄本
  • 代表者の身分証明書
  • 代表者の住民証明書

 

加えて定款に記載がない場合には、以下の書類も必要になります。

 

【定款に記載がない場合の必要書類】

  • 役員、取締役の登録書類
  • 株主の登録書類

口座の開設方法は個人口座と同じ手順で、申し込み口座を「法人取引口座」にチェックを入れて案内通りに書類をアップロード。

 

無事に承認が行われると、個人口座同様の取引が行えるようになります。

 

 

法人口座を利用する注意点

 

法人口座を利用する際の注意点として、入金・出金は法人口座で行う必要がある点が挙げられます

 

理由として「Titan(タイタン)」では、口座名義と法人名義が一致しなければ利用できないルールが設定されているため

 

そのため個人利用のクレジットカードなどで、法人口座への入金などは行う事ができません。

 

「Titan(タイタン)」で複数の口座を利用する際には、法人口座と個人口座が混合しないように注意しましょう。

 

 

安定したEA運用なら法人かも夢じゃない!?

 

最後に「Titan(タイタン)」での法人口座を利用する上で理解しておきたい項目について詳細をまとめていきましょう。

 

【法人口座詳細まとめ】

  • 「Titan(タイタン)」は、法人口座が開設可能な海外取引所の一つ
  • FXでの法人化は一定以上の収入があれば、高い節税効果が望める
  • 損失が発生した場合には最大9年間の繰り越しが行えるため、大幅な節税が期待できる
  • 社会的信用の獲得により、クレジットカードやローン、融資などの審査が緩くなる
  • 入出金は法人口座でしか行えない点に注意

 

【法人口座の開設に必要なもの】

  • 登記簿謄本
  • 代表者の身分証明書
  • 代表者の住民証明書
  • 役員、取締役の登録書類(定款に記載がない場合)
  • 株主の登録書類(定款に記載がない場合)

 

法人口座の利用を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。

 

当サイトではmt4を利用し、人の判断とプログラムの利点を良いとこ取りした「半裁量型自動売買EA」の利用を推奨しております

 

一般的に出回っている「完全自動売買EA」は、以下の2点の矛盾点を抱えており殆どの商品が詐欺紛いのEAというのが実情です。

 

矛盾する2点の性質

  • トレンドフォローのEAは、レンジ相場に弱い
  • レンジ相場に強いEAは、トレンドフォロー時に弱い

 

ですが「半裁量型自動売買EA」は適した相場を人の目で導入を判断し、残りはプログラムによる運用でメンタルに左右されないトレードを実現する事が可能です。

 

更に世間に出回る数々のEAを買い集め長年に渡る試行錯誤の上で独自開発を行った、半裁量型自動売買のシステムを採用したオリジナルEAを配布しています。

 

私が使っている「半裁量型EA」はトレンド相場にEAを導入することにより、

資金管理をしながらメンタルに左右されないルールを厳守したトレードを実現する事ができます。

 

EA自体は先着50名に限り無料配布を行っています。(口座セッティング料2,000円だけ必要になります。)

詳しい内容は以下に記載していますので、EAを利用したFXトレードで本気で勝ち続けたい方は、この機会に是非「半裁量型EA」を手に取ってみてください。

 

 

 

-Titan(タイタン)徹底解説
-

Copyright© 【FXライン】最短最速で稼げる手法を学べる|FXオンラインスクール , 2021 All Rights Reserved.